スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うるう秒(*^ワ^*)

興味深い記事を見つけました゜*。(*´Д`)。*°
今年はうるう年で、オリンピックイヤーでもありますO(≧∇≦)O

『うるう秒 』というあまり聞きなれない言葉ですが、『うるう年』が4年に1度(2/29)
あるように 、時間のズレが生じてきます( ̄∇ ̄*)b
それを調整する為、国際機関の決定に基づき、世界で一斉に実施されますv(。・・。)
日本では、7月1日午前8時59分59秒と午前9時の間に「午前8時59分60秒」を入れ、
1日を1秒長くしますd(* ̄o ̄)

電波時計などに時刻情報を提供する標準電波などを通じて修正します(´ω`*)

世界共通の標準時刻はもともと地球の自転などに基づき決めていたが、
1958(昭和33)年からは高精度の原子時計に基づくようになりましたv(≧∀≦)v
地球の自転速度は厳密には一定ではないことから、原子時計とのずれを調整する為
数年に一度うるう秒を入れています☆^▽^☆



うるう秒1 

1月16日からジュネーブで開かれていた国際電気通信連合(ITU)の総会で
『うるう秒』を廃止するかどうかの協議が行われました(●´3`)~♪

今回の総会で「うるう秒」の廃止が決定するかもとも言われていましたが、結論は
2015年に開かれる予定の次回総会まで持ち越されることになりました(〃^∇^)

日本、アメリカ、フランスなどは廃止論と唱えていたようですが、イギリス、ドイツ、
カナダ、中国などは反対論の「うるう秒」の存続を主張していたので、議論は
平行線でした≧▽≦/

そもそも、「うるう秒」が使われるようになったきっかけは、1958年に地球の自転
1回転を1日とする「天文時」から、原子や分子のスペクトル線を利用した原子時計を
世界共通の標準時刻に変更したのが発端です(≧∀≦)♪

原子時計は高精度なもので3000万年に1秒程度の誤差で時間を測れるようになったの
ですが、地球の自転速度が不規則な為、以前の「天文時」とズレが生じるようになってし
まいましたo(*^▽^*)o♪

そのズレを0.9秒以内に抑えるために導入されたのが、『うるう秒』で、『うるう秒』は
1972年に導入されて、これまでも合計で24回実施されてきました(*^-゚)v



うるう秒2 
スポンサーサイト

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青谷ポセイドン

Author:青谷ポセイドン
青谷ポセイドン卓球日記へようこそ!
卓球の発展の為にけなげに頑張ります(*゚ー゚)彡★─☆。o゚。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク集
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3507位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
996位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RESSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。